So-net無料ブログ作成
検索選択

ボブ・ラッツ氏、新興企業に再就職…「時代はまだ内燃機関」(レスポンス)

5月1日をもって、GMを勇退したボブ・ラッツ氏。そのラッツ氏が早くも再就職先を見つけ、米国で話題となっている。

ボブ・ラッツ氏は、1932年スイス生まれで、現在78歳。1954 - 59年、米海兵隊に所属し、パイロットとして働いた。ラッツ氏の自動車業界でのキャリアは、63年、GMヨーロッパから始まる。71年にはBMWへ転職。そして74年、フォードモーターへ入社し、副会長にまで出世した。

ところが86年、ライバルのクライスラーグループへ電撃移籍。GMのシボレー『コルベット』に対抗できるスポーツカー、ダッジ『バイパー』や、レトロブームの火付け役となったクライスラー『PTクルーザー』の開発を主導した。

そして98年、クライスラーを去り、自動車業界から距離を置く。しかし2001年9月、今度は再びGMへ入社。シボレーやキャデラックブランドの再生で成果を上げた。

そんな米自動車業界のカリスマ、ラッツ氏だけに、GM退社後も引く手あまただったようだ。カリフォルニア州に本拠を置くトランソニック・コンバーション社は24日、「ラッツ氏を役員として迎え入れる」と発表した。

トランソニック・コンバーション社は、2006年に設立された新興企業。特許技術の「TSCi」と呼ばれる燃料噴射システムを、世界中の自動車メーカーに納入している。同社によると、TSCiは燃費性能を引き上げ、エミッションを減らすメリットがあるという。

新天地を得たラッツ氏、「もうしばらくは内燃機関の時代。ユーザーや自動車メーカーは、燃費や排出ガス性能を高める技術を求めており、トランソニック・コンバーション社のTSCiは、世界基準の燃料噴射システム」と、さっそくPRに努めている。

今後ラッツ氏は、自動車業界における幅広い人脈を生かして、トランソニック・コンバーション社の最高のセールスマンとして活躍することだろう。

《レスポンス 森脇稔》

【関連記事】
GM、3年ぶりの黒字計上…1-3月実績
GM副会長主催、キャデラックのメディア対抗レース…GMが上位独占
【人とくるまのテクノロジー10】フリクションロス低減はエンジンの最重要課題
【メルセデス新エンジン】V6エンジンはレクサス LS600hL より好燃費
注目の記事 特別編集

不思議な鏡、清水久和展がIDEE3店舗で同時開催中(Business Media 誠)
国会法改正案 野党が対応協議(産経新聞)
一体誰がいつのまに…「こち亀」麗子像が真っ直ぐに(産経新聞)
ネット接続業者、児童ポルノの遮断で合意へ(読売新聞)
サンド伊達のブログ・ジンクス この芸人出すとコメント減る…

【寒蛙(かんがえる)と六鼠(むちゅう)】論説委員・長辻象平(産経新聞)

 ■「里守り犬」が村を救う

 津軽海峡に面した下北半島の国道沿いには、冷たい霧雨にぬれて桜の花が咲いていた。先週のことである。

 「このあたりの道路にもサルが出てきます」。青森県六ケ所村で核融合の取材を終えてから、下北半島の西北端で建設中の大間原子力発電所に向かうバスの中でガイドさんが教えてくれた。

 世界で最も北に生きる「北限のサル」だ。天然記念物だが、農作物などを荒らしたり悪さをする。その範囲が拡大中という。

 農山村では高齢化と過疎化が著しい。耕作放棄地が増え、山から下りてきた野生動物が残された田畑の作物を食い荒らす。イノシシやシカ、クマなどとともに、サルも人々を困らせる。

 この下北半島では、興味深い対策が進行中だ。むつ市が、訓練した犬を使ってサルの群れを山に追い返す方法で効果を上げている。

 平成20年にシェパードのゴン太、はなの2頭を導入して以来、年300万円にも上ることがあったサルによる農作物の被害が、90万円前後に減ったという。

 じつは、野生動物からの被害防止に犬の力を借りる手法は、今から2年前に施行された「鳥獣被害防止特措法」によっているのだ。

 都市に暮らしているとわからないが、農山村の被害は深刻だ。集落崩壊にもつながり得るという。鳥獣によるこの10年ほどの農作物の全国被害は、毎年200億円前後に達している。

 シカ、イノシシ、サルによる被害が大きい。農家や自治体は、畑の周囲に防護柵(さく)を張り巡らせて侵入を防いできたが、サルは木に登って乗り越えてやってくる。

 そこで国策として犬に白羽の矢が立った。動物愛護法も一部が改正されて、野生鳥獣による被害防止のために働くときには、訓練された犬の放し飼いが認められるようになったのだ。

 こうした犬たちの当初の名称は「追っ払い犬」だったが、とくにサルに対して有用なので「モンキードッグ」と呼ばれることが多くなっている。モンキードッグの導入には、国から自治体への交付金が用意されている。

 犬による追っ払い効果は絶大らしい。農林水産省によると昨春の時点で、23県の計60市町村が取り入れている。下北半島のゴン太たちをはじめとして約300頭が働いているようだ。

 東京農業大学の増田宏司講師は動物行動学者で、犬の行動にも詳しい。山梨県内でのモンキードッグの訓練基準やサルに対する導入効果などを研究している。

 訓練には地元の農家の人たちが自分の飼い犬と一緒に参加する。洋犬や雑種もいるが、山梨県なので日本犬の甲斐犬が多い。

 増田さんは面白いことに気がついた。1980年代に行われた米国での研究によると、日本犬の知能は洋犬に比べて劣るとされていたのだが、じつはそっけなく見える反応の中に優れた資質を秘めていたのだ。「自分で考え、黙々と迅速に行動します」

 増田さんは、もうひとつのことにも気がついた。地域での訓練場所を毎回変えることによる効果だ。サルの目には、犬と人間の集団がいろんな場所に現れるようになったと映る。これがサルにとっては脅威であり、村里進出への抑止力として働くそうである。

 これらの犬を増田さんたちは「里守(さとも)り犬(いぬ)」と呼ぶ。何ともよい響きではないか。人と犬との好ましい関係がここにある。

「国民いらだち」支持率20%割れ調査で首相(読売新聞)
雑記帳 “ウギャル”が稚貝の間引きに挑戦 水産業をPR(毎日新聞)
寂光院 放火から10年 消防訓練で思い新た(毎日新聞)
急性期病院の特定療養費、都道府県で最大2.5倍の開き(医療介護CBニュース)
<掘り出しニュース>札幌で民家半焼 飼い主起こし、愛犬焼け死ぬ(毎日新聞)

富士山で滑落相次ぐ、女性死亡=男性2人も全身打撲−山梨(時事通信)

 4日午後1時40分ごろ、山梨県側の富士山7合目付近の沢で、別の男性2人を捜索中の県警ヘリが倒れている女性を発見、収容した。県警富士吉田署は身元を東京都西東京市の無職女性(44)と確認、既に死亡していた。全身を強打しているほか、頭部から出血しており、同署は単独登山中に沢に残っている雪で滑落したとみている。捜索願は出されていなかった。
 県警ヘリはこのほか、捜索願が出ていた埼玉県飯能市中山、職業不詳杉山芳二さん(70)を7合目付近で、名古屋市天白区原、教諭新井秀隆さん(35)を8合目付近でそれぞれ救助。ともに全身打撲などで重傷だが、命に別条はないという。2人は同日昼ごろ、下山中に雪や氷などで滑落し、動けなくなっていた。 

【関連ニュース
海の「118番」10周年=1万9000人を救助
弟助けようと…10歳水死=子供5人、港で釣り中
中国人船長を逮捕=2人不明の貨物船衝突
津波警戒に全力=鳩山首相「一人の被害も出さない」
シー・シェパードの妨害船と衝突=日本船、けが人なし

消費税率「いずれ上げる必要」=経産相(時事通信)
関西3空港一元管理で、神戸商議所会頭が「神戸空港民営化も選択肢」(産経新聞)
首相動静(5月9日)(時事通信)
<詐欺>「コピー機故障」と偽り代金だまし取る 無職男逮捕(毎日新聞)
普天間「生活に影響ない」=沖縄の市議反発し、発言撤回−民主・山岡氏(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。