So-net無料ブログ作成

男児専門ポルノサイトを摘発=全国初、「少年愛広めたかった」−埼玉県警(時事通信)

 男児のわいせつ画像を撮影し、ホームページで閲覧できるようにしたなどとして、埼玉県警少年捜査課などは15日までに、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で、川崎市中原区中丸子、デザイナー小林葉介容疑者(29)ら4人を逮捕した。同課によると、男児専門のポルノサイトが摘発されるのは全国で初めて。小林容疑者は「少年愛を広めたかった」などと、容疑を認めているという。
 逮捕容疑では、小林容疑者らは昨年12月9日、川崎市内のホテルで東京都内の少年(13)に現金1万2000円を渡し、わいせつな行為を撮影して児童ポルノを製作したなどの疑い。 

【関連ニュース】
女子トイレ侵入の教諭再逮捕=高校生にみだらな行為し撮影
東京消防庁消防士を逮捕=夜行バスで強制わいせつ
銃剣持ち出し倉庫で保管=わいせつ行為で逮捕の自衛官
小6にわいせつ容疑、消防士逮捕=「たくさんやった」被害届10件超
4都県警と鉄道会社連携=15日から痴漢対策強化期間

<気象>東京都心に41年ぶり「遅い雪」(毎日新聞)
ISS実験棟「きぼう」 運用延長へ問われる成果(産経新聞)
火災 2階建てアパート焼け1人死亡1人重体 東京・足立(毎日新聞)
首相動静(4月17日)(時事通信)
阿久根市長不信任案提案へ「市長派市議がなぜ」(読売新聞)

町長が長屋王に変身=奈良県平群町〔地域〕(時事通信)

 25日に奈良県平群町で開催される「へぐり時代祭り」。同町ゆかりの歴史上の人物など総勢400人が町内を練り歩くイベントの記者会見が奈良県庁で開かれ、岩崎万勉町長が奈良時代の有力皇族・長屋王姿を披露した。
 長屋王は時の権力者・藤原氏と対立し、「長屋王の変」で自害したが、同町内に墓がある。ほかに行列に加わるのは、長屋王の妃の吉備内親王、平群の歌を詠んだ倭建命(やまとたけるのみこと)、戦国武将の松永弾正久秀、嶋左近清興ら。
 それぞれの衣装は可能な限り当時のものを再現した。岩崎町長は、「平群の歴史を多くの人に知ってもらい、町を元気にしたい」と話している。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕「武田兵糧丸」を銘菓に=山梨県
〔地域の情報〕三大桜の「淡墨桜」が見ごろ=岐阜県本巣市
〔地域の情報〕キーホルダーで阿波あいをPR=徳島県
〔地域の情報〕東京タワーでオレンジまつり
〔地域の情報〕イケてる野良着でショー=島根県邑南町

郵便受け物色を専門、窃盗100件以上(読売新聞)
平沼新党、3月に「たちあがる」はずだった?(産経新聞)
<菅副総理>政府内で増税協議へ (毎日新聞)
舛添氏に厳しい処分を=自民全議員懇で続出(時事通信)
愛知・遺体遺棄 容疑者の一部、殺害認める 3人身元確認(毎日新聞)

インフルで「休校・学年・学級閉鎖」ゼロに(読売新聞)

 厚生労働省は7日、インフルエンザが原因で休校や学年・学級閉鎖の措置を取った小中高校や幼稚園、保育所が、3月28日〜4月3日の1週間で0施設だったと発表した。

 休校などがまったくなかったのは、新型インフルエンザの流行後初めてで、厚労省は「新型が沈静化したことと、学校が春休み中であることが影響している」と説明している。

 厚労省によると、昨年同時期は季節性インフルエンザが流行中で、同年3月22〜28日の1週間で55施設が休校などの措置を取っている。昨年10月25〜31日には、過去最多の1万7822施設が休校などの措置を取った。

新党名「たちあがれ日本」で調整=「平沼新党」(時事通信)
直接支払制度の抜本的改革求める−日産婦学会と産婦人科医会(医療介護CBニュース)
日医新会長に原中氏=民主とのパイプ強調し集票(時事通信)
【ゆうゆうLife】福祉用具の価格差、なぜ?(産経新聞)
自民・谷垣総裁、舛添氏に選対本部長代理を打診(読売新聞)

避難誘導マニュアル 市区町村67%未作成(産経新聞)

 弾道ミサイル発射や原子力発電所の破壊、有毒物質散布テロなどの緊急事態に備えた住民の避難誘導マニュアルが未作成の市区町村は、昨年10月時点で全体の67%、1213自治体に上ることが28日、総務省消防庁の初めての調査で分かった。

 国民保護法に基づく基本指針は、避難場所や移動手段、職員の配置数などを示した自治体職員向けの避難誘導マニュアルを、想定される事態に応じて複数作成するよう全市区町村に求めている。

 マニュアルの作成は義務付けではなく「努力規定」にとどまっているが、消防庁は「速やかな誘導に支障が出る恐れがある」として、先進事例を紹介するなどして取り組みを促す方針だ。マニュアルを作成していない理由として目立ったのは「担当職員が少なく着手できない」「具体的な作成内容が分からない」など。未作成の自治体のうち1016自治体は作成作業にも未着手だった。

 

積極的な外国人受け入れを 法務省が出入国管理計画(産経新聞)
<河村たかし市長>リコール陣頭指揮 議会対決一段と先鋭化(毎日新聞)
日本の車両技術 国際標準めざせ 鉄道総研に新センター(産経新聞)
普天間「腹案」閣僚と共有=鳩山首相(時事通信)
鳩山首相「中国の努力評価」 ギョーザ中毒事件で容疑者拘束(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。